kikuoopsのBlog

ワークキャピタル株式会社 代表取締役 菊岡翔太のブログです。

起業

今このブログを書き始めたのが、6月18日の23:57。

明日6月19日は、ワークキャピタル株式会社の創業日となる。(すでに登記の手続きは終えているので、何事もなければ6/19ということとなる。)

 

僕がこれから人生をかけて挑むのは、人手不足の世の中に対するシニア人材の就業支援。

深刻な人手不足を解決していくのは、これから外国人、女性、シニアこの3つが中心である。そうした中で特に、最もポテンシャルが大きいのは4000万人近くの60歳以上のシニアの方々。

人を欲する多くの企業。一方、働く意欲は高くとも働く場所がないために、働くことを諦めてしまうシニアの方々。

僕も事業を始め、100人近いシニアの方々に話を聞いてみると、その方の友人など働きたいと思っている人ばかりだ。3時間、4時間程度と、決して長い時間ではないものの、働ける場所があれば働きたいと言う方々が多い。

ただ、年齢を気にされたり、企業に一度断られると勇気が出なかったり、せっかくの働く気持ちが消えてしまうことも多い。だからこそ間に入って、両者を繋いでいく「だれか」が必要だと思っている。そしてその「だれか」を待っていても、何も動かない。

その役割を自分がやろうと思い、起業をした。そして、そのロールモデルが社会に提示できれば、社会の注目含めもっと大きく前進し、シニアの雇用が進んでいくはずだ。

そのロールモデルが示せれば、もっと広い地域を覆うことができるくらい、効率的な仕組みも作れるはず。今はまずはモデル作りの段階で江戸川区に絞っている。なんとかこの江戸川区で小さくとも、原型となるモデルを作っていく。

すでに感じているが、これはものすごく困難な道のりになる。だけれど事業を興すとはそういうもの。

20歳のときに心に誓った「社会を変える」ということ。これを今、シニアの就業というテーマで実行していきたい。

 

ホームページ(数時間前に完成したばかり)

www.work-capital.co.jp

 

代表メッセージを転載します。なぜ僕がこの事業をやるのか、過去の経験も踏まえ書きました。

 

年齢を重ねても、意欲があればいつまでも働ける世の中にしたい。
そして、ますます深刻になる社会の人手不足を解消したい。
そうした想いで、私は2017年6月にワークキャピタル株式会社を創業しました。

私が以前人材会社で勤務していた頃、ある60代の女性の方が就職相談に来られました。
話を聞くと、ご本人も働きたいと思ってはいても、週に数日働きたいという希望が叶えられる職場を見つけることができず、また年齢の面で断られてしまうことも不安だということでした。
その方に合う仕事を紹介したいという気持ちで、その日から私も企業に数百件の電話をかけ、なんとか一件の求人をいただくことができました。

無事に勤務も決まったことで安心していた私でしたが、初日の勤務後にご本人に電話をしたところ、泣いて電話に出られたのでした。私は合わない仕事を紹介してしまったのではないかと申し訳ない気持ちでいると、実はその方は仕事ができたことに泣いて喜んでくださったのでした。そのときにいただいた「ありがとう」という言葉は、私に働くことの尊さを教えてくれました。
これが、私の仕事の原点でした。

そして、20代の後半に入った私はもっと広く社会を知りたい、日本のことを知りたいという気持ちから、2017年5月までの約3年間は全国の旅館やホテルの方々と関わる仕事をしていました。
仕事を通して日本全国いろいろな地域を訪れる中で、日を追うごとに強まる人手不足感。人手が足りないためにお客を受け入れることができず、結果として売上が停滞し苦しい経営をせざるを得ない宿泊施設。経営者の方々と話をするなかで、私自身採用の手伝いをしたいと思い、個人として講演を行うなど旅館の採用支援を行っていきました。

そうしたことをする中で、社会は大きく変わってきていることを実感しました。これからは明らかにヒトの時代であると。
労働人口が減り続けるなかで、いかに人を雇用し企業の競争力につなげていくか。
技術の進化によりオートメーション化が進むことは間違いありません。しかしながら、そうした仕組みが社会に浸透し、多くの産業を変えていくにはまだまだ時間がかかります。
一方、人手不足が進む社会への対応、意欲の高い高齢世代の働く場の確保は今しなければなりません。

世界のどの国でもなく、少子高齢化が世界で最も進行している日本だからこそ、今の時代に合った働き方を示していくことが必要とされています。
アメリカでも、ヨーロッパの国でも、他のアジアの国でもなく、今この時代の日本だからこそできることであり、この大きな社会テーマに私たちは挑戦していきます。

働くことを通して、心身ともに健康で居続け、充実した生活を送っていただきたい。
私たちは、高齢世代の方々の働く場を増やすことで、社会を前進させ、さらに活力ある社会の実現に貢献します。

代表取締役 菊岡 翔太

 

今は0:15。6月19日になりました。

今日が記念すべき創業日となりました。これから頑張ります!